私の住む○○県、ここがいいところ、ここがダメなところ

広島県に住む私。
広島県って、イマイチメジャーじゃないから広島県のことを知らないって人も多いと思います。
8月6日の原爆の日くらいしかヒューチャーされることがありませんからね。
広島県のことをもっと知ってほしいから、
私の住む広島県、ここがいいところ、ここがダメなところを
ご紹介したいと思います。

<広島県のいいところ>
・カープ
広島市民球場も広島駅の近くに新しく建てられ、かなり立派になりました。
ソファーシートがあったり、バーベキューをしながら野球が見れるプレミアムな席もあって、プレミアムシートになると数万円なので
ご縁はなさそうですが、一度だけでも利用してみたいなと思っています。
黒田投手が帰ってきたことから、一気にカープが取り上げられるようになっているのが誇らしいです。
私も今やカープ女子。
球場へ行けばほぼ全員がユニフォームを着て応援しています。
ビール飲み放題なんかもあるし、うどんや空揚げ、丼物などずらっと何十店舗ものお店があるのも魅力ですよ。
・宮島
市内から市電で港に移動するか、電車でフェリー乗り場まで移動して
フェリーで約10分で宮島に到着。
市内から近いのに、幻想的でレトロな独特の雰囲気を味わえる場所です。
シカだらけの宮島は、厳島神社に鳥居が有名で観光客がほとんどですが、水族館も新しくなりました。
観光だけでなく、子供連れやデートでもかなり使える場所です。
・ショッピングや観光が便利
広島市内って、繁華街が密集しているんですよ。
全て徒歩圏内にデパートもあれば、パルコもあるし大都会ではないけれど、意外と都会。本通り街にはたくさんのお店がずらりと並び、アーケードになっているので雨の日のショッピングも楽々です。
夜の飲み屋街も密集していて、ショッピング街に近くて便利です。
さらに、原爆ドームや広島城も市内の中心部にあるので
ショッピングも観光も同時に楽しめます。
・市電
チンチン電車とも呼ぶ市電が市内にとおっています。
市内を巡るならバスよりも市電を使う人の方が多く、一部の区間を除いて160円で乗ったり下りたり。
床が木製だったりとレトロな市電もあれば、七夕には電車を七夕用に飾りつけをした市電も登場するなど、目で見ても楽しめます。
・山と海
広島県って瀬戸内海もあれば、山もあるので夏も冬もレジャーが楽しめます。
冬はスキーやスノボー、夏はキャンプや海水浴といった感じで
少し足を延ばせば、海に山にレジャーがいっぱいです。
釣りもできるし、潮干狩りもできるしカキも美味しくて、オイスターバーや自分でカキを焼くカキ小屋も流行ってます。

<広島県のダメなところ>
・なんかパッとしない
広島ってなんかパッとしないイメージじゃないですか。
色々いいところあるのに、なぜかパッとしない感があるんですよね。
・可愛げがない方言
方言に可愛げがないように思います。
東京の人からすると、おこっている感じにも取られるようです。
田舎に行けばいくほど、せっかちな話し方だったり、突き放すような言い方なので、決して起こっている訳じゃないけど、怒ってるように聞こえるみたいです。
・イントネーションがダサい
これも方言にまつわる話ですが、広島弁を話しているのをテレビで見たときに驚きましたよ。
イントネーションがすっごいダサいっ。

とまあ、広島県のことについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょう。
こうして改めて広島のいいところを見つけてみると
我ながらいい県だと感じてしまいました。
とにかく、住みやすいところなので転勤などで一度広島県に住むと
ずっと住みたくなるという人も多いです。

ぜひ一度、お越しください。

平均寿命が一番低い県はどこか?また、その理由は・・・

平均寿命が一番低い県はどこか?また、その理由は・・・
2013年に厚生労働省が発表したランキングによると、
平均寿命が一番短い県として青森県が挙げられています。
それも、男女ともにです。
男性のワーストワンは8回連続で、女性の場合3回連続のワーストワンの記録を打ち立てています。

その理由・・飲酒、喫煙、塩分の取りすぎや運動不足。

・娯楽がない
青森県は、他県に比べてパチンコなどの娯楽施設が少ないといわれています。
そのため、ストレス発散に飲酒や喫煙をする人が多いんでしょう。
それに、農業や漁業など自営の人も多いから
天候によって仕事ができなくなった日には、朝からお酒を飲む人も
多いのだと思われます。

・何でも豪快
お酒は大酒を飲む、漬物には大量の塩をぶち込む。
そういう習性があるんでしょう。
そして、とにかくしょっぱいものが好きな県民性があるようです。

・外出が少ない
娯楽がないし、雪で出かけることも難しい、極寒ということで
他県よりも外で運動をする人は少ないようです。
青森の人にとっても、やっぱり寒いのはきついんですね。
ウォーキングをしたりジョギングをして汗をかいて風邪でも引いたら大変。
なんてことも、言えそうです。

・ワーストワンが多い
寿命が一番短い県としても有名な青森県は、
やっぱり体に悪いワーストワンも1位が多いです。
喫煙率も全国1位、週3日以上1日1合以上の飲酒率も全国第1位、
年間あたりの塩の消費量に関しても全国第1位、
カップラーメンの年間消費量についても全国第1位など
健康に悪いといわれている行いのどれもがワーストワンなのです。

さらに、青森は自殺者が多いことでも知られています。
働き盛りの40代50代の方の自殺者が多いのも短命のワーストワンにつながっていることが分かっています。

自殺の原因としていわれているのが病院嫌いが多い県民性があるため、
病気に悩まされて自殺を選ぶとか
経済面の苦しさによって自殺する例です。
寒いと気持ちまで落ち込む。
そんな背景も自殺につながっているような気がします。

とはいえ、極寒で共通する長野県は全国の平均寿命が一番長い県です。
また、漬物文化があって、お茶請けには必ず漬物を付けるというほどだといわれています。
にもかかわらず、平均寿命は男性が80歳以上、女性になると平均寿命が87歳以上です。
青森県と長野県は、何が違うのか。
大きな違いには食生活がありました。
インスタントラーメンの消費量が一番多い青森県に比べて
長野県は野菜などを一番よく食べる県として全国第1位です。
サクランボにリンゴ、梨などフルーツもふんだんにあるという違いがありそうです。
さらに、長野には高原や山、温泉にスキー、松本城など歴史的建造物など
お出掛けスポットが多いのも
青森県との違いかな。

ただ、そんな長野県には実は脳卒中になる人の率が高いんだとか。
やっぱり寒い地方になると塩分の取りすぎがあるということでしょう。
現在では、県を挙げて減塩に取り組んでいるということなので
今後は脳卒中での死亡率も下がっていくとは思いますが。

住む場所によって気候や文化が異なることはわかっていましたが、
平均寿命まで違ってくるとは。
けれど、結局はどこに住んでいようと、
日々の生活習慣によって長生きできるかどうかってことですけどね。

京都に住んでたら偉いのか!?勘違いも甚だしいと感じた京都の人のエピソード

京都の人はプライドが高いと言いますが、実際に会うまでは品があっておしとやかなイメージしかありませんでした。

日本を代表する観光地なので外国から来る人もたくさんいますよね~

だから自分たちは特別な場所に住んでいるという誇りがあるからか、

チヤホヤされることに慣れているのか・・・

なぜか京都に住んでいるだけで偉そうだと聞いたことがあります。

実は私も本当にそうだと思う出来事がありました。

京都の男性が仕事先に主張で来てのですが、まあ偉そうなこと!

あれじゃあ京都のイメージダウンのなりかねませんよ~

事あるごとに京都自慢をして、誰も京都に住みたいともあこがれもないのですが、

自分だけがみんな自分のことを羨ましがっているって思っているみたいで、

「京都に来たら連絡してよ~地元の人しか分からない本当に美味しいお店に連れて行くよ~

東京じゃ高いお金出してもこの程度だけど、京都は安くても美味しいお店がたくさんあるよ」

って・・・せっかく美味しいものを食べさせたいと思って連れてきてくれた人に失礼だと思いません?

私、正直京都の食べ物好きじゃないので全然興味がないのですが、

京都の人は美味しいと思っているんですね~知らなかった!

他にも私が一番京都の人って・・・と思うのが、京都出身の芸能人です。

自慢話ばかりですよね~鼻に着く人が多いと言うか、

たぶんプライドが高いんでしょうね~

母が良く言うのは、「京都の人は上辺だけで物を言ってお腹の中では何を思っているのか分からない」

と言うことです。

私が小さいころ京都出身のママ友がいたようで、その人はいつも品がある感じで他人をほめてばかりいたのですが、

陰では全く逆のことを言ってトラブルメーカーだったそうです。

はんなりとしたゆっくりした話し方をする割には、腹黒いってことでしょうか・・・

京都の人がみんなそんな人ではないと思いますが、そういうイメージは正直あるかな。

大阪の人とは全く違ったクセがある県民性で、まさにお高く留まっているというか、

勘違い?って感じがあるかな。

だって、みんな京都は観光地として知っているけど憧れや特別って気持ちはないですよね~

修学旅行で行った場所も、食事もいまいちで私にとっては特に何も感じない場所です・・・

何よりも勘違い京都人に会ってからはかなりイメージが変わってしまって、

正直、京都の人って聞くとまた自慢?って思ってしまうのは、私だけでしょうか?

本当に自分が住んでいる場所に誇りを持っているのなら、

自慢するのではなく京都のイメージを崩さないように謙虚で上品な振る舞いが良いですよね!

知られていないけど実は良いところが多い、静岡の魅力とは・・・

大学時代は色々なところから来ている学生と出会う機会が多く、特に静岡県の友人が多かったかな・・・

静岡県に近い大学だったからか、性格的に静岡県の人との相性が良かったかはわかりませんが、

今まで知らなかった静岡の良さや特徴を色々知ることができた気がします!

そういえば・・・友人だけではなくて彼氏も静岡だったな~

私も自分が生まれ育った土地が大好きで、今でも度々帰省していますが、

静岡の人ってとにかく地元愛がすごいんですよ!

確かに良いところだし、美味しい食べ物や海もお茶もあるけど、

そこまで地元が好きってすごいですよね~

大学の試験期間が終わって長期の休みに入ると、いち早く帰省するのが静岡の人なんですよ。

バイト辞めてまで帰るから驚いたことがあります。

そうそう・・・当時付き合っていた静岡出身の彼氏が大学の休みがあると、

車で地元に連れて行ってくれて、私も「こんなところに住みたいな~」って思ったことがあります。

だって、空気が美味しいし温暖で食べ物も美味しいから住みやすいだろうなって・・・

静岡と言えばお茶、駿河湾の魚介、お酒も美味しかったな~

私、夏は海に行くのが大好きなので、静岡の空気感と言うか潮のニオイが大好き!

一番好きなのがするが湾付近なんだけど、彼氏が連れて行ってくれたのが地元の清水知ってところ。

ここに寿司ミュージアムってところがあって、美味しいお寿司屋さんが集まったところ。

なかにはショッピングセンターもあって、市場やお土産やさんも充実。
エステサロンなんかもたくさんあったりするんですよ!

静岡でひげ脱毛に失敗する人が後を絶ちません!何故なら・・・

もう何年も行ってないけど、久しぶりにお寿司食べに行きたいな~

そういう純粋にその場所を楽しみたい場合でも、

昔の彼氏との思い出の場所って、他の男性と生きにくいよね・・・

「誰と来たの?」って聞かれても「元彼」って言えないし、

かと言って他の人の名前出して嘘つくのも嫌だからね。

話はずれてしまいましたが、清水市はあまり目立った観光地がないように思われますが、

ちびまる子ちゃんが生まれた場所だし、まる子ちゃんミュージアムもあったな~

静岡って都会じゃないってけど、買い物とかも便利でお店もたくさんあるの、

それでいて自然も豊かで東京に行くのもすぐって、ほんと便利で住むには最適な場所だと思うよ!

水や空気が美味しいからか、ほんと美人で肌がきれいな女性が多いのも静岡の特徴かな。

学生時代の静岡の友人はとにかく美人さんが多かったな・・・

こんな話をすると、男性はすぐにでも静岡に行きたくなるはず(笑)

とにかく静岡はとてもいいところで、のんびり過ごして美味しいものを食べることができるところですよ!

独自の文化が根付く名古屋|東京、大阪とはここが違う!

いま名古屋が熱い!?
独自の文化が根付く名古屋|東京、大阪とはここが違う!

名古屋って言っちゃあ悪いけど、都会って感じでもないでしょ。
ナノに、いま名古屋が熱いといわれていますね。
そんな名古屋について調べてみました。
そして、東京と大阪との違いってなんだろうを考えてみた。

<独自の文化が根付く名古屋>
名古屋といえば、様々な独特の食文化でしょう。
名古屋飯、名古屋フードというフレーズを一度は聞いたことがあるはずです。名古屋独自の食文化である名古屋飯のポイントになっているキーワードは、
喫茶店に赤味噌、手羽先、台湾、ひつまぶしなど独特。

・喫茶店
名古屋県民の人ってほぼ毎日喫茶店でモーニングを食べるそうですね。
そのため、喫茶店には必ずモーニングがって、値段もかなりリーズナブルな割に、ボリュームの内容が目を引きます。
名古屋の喫茶店といえばコメダ珈琲というほど
ローカルな老舗の喫茶店も数々あるのも
羨ましい限りです。
名古屋の喫茶店にはお店によってとてもユニークなメニューもあって
それを目当てに東京や大阪、地方からの来客も多いんだとか。

・赤みそ
赤みそも名古屋といえばですね。
味噌カツ、味噌煮込みうどん、味噌おでんなど
味噌をふんだんに使った独特の濃い味の料理というのが特徴です。

・手羽先
名古屋名物といえば手羽先といわれるほど、
名古屋の繁華街には多くの手羽先屋さんがあります。
カリッと揚げられた手羽先は
名古屋のお土産の定番といわれるほどの人気です。
名古屋の手羽先の名店といえば、”山ちゃん””風来坊”だそうですよ。

・台湾
台湾ラーメン、台湾まぜそば、台湾カレーなど
名古屋には台湾の名前が付いた料理が目立ちますが、
台湾発祥の食べ物ではなく、アレンジを加えたもので
名古屋で生まれた食べ物になっています。
台湾シリーズの中で今一番熱いのは台湾まぜそば。
台湾まぜそばは、汁なしの太麺にピリ辛のミンチやにら、
魚粉にニンニクと、最後に卵黄をのせて
混ぜ合わせてから頂く麺料理です。
角煮、チーズやネギ、などトッピングも様々あるので
飽きがこないと名古屋人もはまっている人が多いんだとか。
ランチタイムには行列ができるほどです。

・小倉トースト
こちらも名古屋独特の食べ物になります。
トーストにたっぷりのあんこをのせたものです。
アンパンでいいような気がするけれど、名古屋発祥というところが
ポイントなのかな。

・ド派手さ
名古屋には独特のド派手文化があるといわれていますね。
性格的に見栄っ張りといわれる名古屋人ならではの文化です。
結婚式や葬式など親戚が集まる場はとにかく大金を使って
ド派手にするっていうのは有名な話ですが、それは昔の話だという人が多く、
近年ではそういう文化もなくなってきているとのことです。

また、ファッションが独特なんて意見もありました。
名古屋巻きなるヘアースタイルがあるそうでロングヘアーの毛先を
クルクル巻いたお嬢様チックなスタイルとなっています。
見栄っ張りといわれる名古屋は、ブランド品を持つ人も多いんだとか。
神戸ほどではないものの。。。という話です。

名古屋は東京や大阪にない独自の名古屋スタイルが目立ちますね。
東京はトレンドを発信している都市ですが、
名古屋はローカル丸出しといった感じでしょうか。
それなら大阪も大阪独自といった大阪カラーがあって、
名古屋と同じようなイメージにはなるけれど、
大阪の方が何事も有名だし都会で認知度が高いから、
名古屋ほど驚きがないのだろうと考えます。

名古屋独自、名古屋発祥を大事にしていて
今でも独特の雰囲気がある名古屋は魅力的な街でした。

やっぱ凄いね、大阪人!「この人にはついていけない」と思ったとき・・・

偏見だ!と言われますが、私大阪の人がかなり苦手・・・

良い悪いではなく今まで見たことがないテンションの人たちで、

同じ日本人とは思えないのです。

たぶん大阪の人からしたら私みたいな人とは付き合って行けないと思うはず、

お互い様と言うか育った環境が違いすぎる~ごめんなさい。

そんな大阪の人はすごいと思うようになったきっかけは、

バイト先の飲食店に大阪からのツアー客が来た時です。

実はバリバリ大阪人と言う人を初めて見たのがその時で、

もう、服装からしてすごかったのですぐに大阪の人だと分かりました。

がやがやと入ってきて、決められた団体席は狭いからと言って予約席にまで勝手に座ってしまったんです。

普通に考えて予約席っていう札があるんだから、そこには予約している人が座るってわかってますよね?

「そこはこれから予約のお客様がいらっしゃいますので・・・」と言うと、

「大丈夫よ!来たらすぐどけるから!」って怒るんです。

怒りたいのはこっちですけど・・・

仕方がないので添乗員さんに店長がお願いすると、

しぶしぶ席を移ったものの、めちゃくちゃ汚くしてもう一度セッティングし直さなくてはならない状態になってしまいました。

大阪の人はパワーがすごいとは思っていましたが、これはちょっと・・・

元気でみんなを元気にすることができる人もいますが、

自分勝手な行動で周りに迷惑をかけるのはダメですよね!

 

これは最近の出来事ですが、仕事で仲良くなった大阪の人が先日友人を連れてきたので、

一緒にごはんを食べてデパートに買い物に行ったのです。

若い子だから大阪のオバサンとは違うだろうと安心していたのですが・・・

食事中も少し注文した物が遅くなるとすごい勢い「ちょっと兄ちゃん!」って店員さんを呼びつけるんです!

すごく驚いて「ランチ時は忙しいから少し待とうよ~」と言うと、

「こっちは高いお金払ってるんやから、店員に意を使う必要はない!」とけんか腰なんです。

このパワーがとにかくすごいですよね~

場所を移して新宿のデパートで買い物をしたのですが、

その時も「これ、まけて!」と当然のように言ったのでビックリ!

市場じゃないんだから値切るのは・・・普通スーパーでも値切るなんて行為しませんよね~

これは感覚の違いというか、大阪では値切りも文化らしいので仕方がないかもしれませんね。

小心者の私は絶対に値切ることはできませんが、

デパートでも堂々と値切ることができる大阪の人のハートの強さは半端ないな・・・と感じる出来事でした。